EVE-Onlineで遊泳中
ブログ訪問ありがとうございます、管理人(以下、艦長)が贈るEVE-Onlineのプレイと解説を主としたブログです。更新は不定期

リンク・トラックバックはご自由に、相互も大歓迎です。

艦長:Sizerr

JP Corp Runners High に所属、4年目に入ってもスキル不足を感じるEVE Online
バブル狂なCaldariの戦う科学者


EVE Online サイト更新情報 Powered By 画RSS

Eve News24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
前回の記事:RMTとは?

前回に続きRMTに関する記事ですが今回はRMT事業者にブログを通して直接質問しました。

RMTなにがし2

まず管理人が聞いた事を簡単に言うと2つ

1.ゲーム内でデフレが進行しているのにMTSで数万単位の取引が頻繁に行われる謎
2.再びインフレは起こるか?また業者が戻ってくる可能性はあるのか?


「RMTなにがし」の管理者わのじさんが答えてくれた内容はこちら(抜粋)

1.に対する回答

MTS実装が昨年の8月ですので、現実通貨でのメルの相場はかなり固定してきているのかもしれませんが、その状況の中で多くの取引がユーザー間で行われているという事実自体は、逆にRMTの必要性を強く裏付けているということにもなります。
ようするに禁止されてなければ、誰でもゲーム内のお金を現金で買いたいという欲求を持っているといえるのかもしれません。

それがサービスとして提供されているのであれば、消費の差はあくまでユーザー個々の判断によるもので、それがユーザー層の格差やマネーロンダリングなどの問題を生んだとしても、それがそのゲーム世界の構造なのだと思います。
それを受け入れるか受け入れないかは全てプレイするユーザー一人一人の考え方によるのでしょう。

2.に対する回答

メイプルストーリーは当初よりRMT市場の中では需要が多少低かったこともあり、単価の下落が急速に進んだタイトルであったと思います。
現在でも相場として1Mメル(1,000,000メル)にしたら10円以下の相場となっている状況や、上記の通り不正行為に対しての規制の厳しさから、生産コストに見合う単価が得られないという判断が生産業界ではされていると思います。
(中略)
MTSによって切手なりをメルに換金する方法で、健全にメルを現金購入できる以上、禁止されているRMTを行う理由はどこにもないのです。
従って、今後も業者がメイプルの市場を隆盛にすることはないと思います


記事全文はこちらのリンクから

RMTなにがし
【クリックすればブログに飛びます】


回答を頂いた後に更新したらしく自分が思っていた事は全部書かれていました^^;一応、このブログでも自分なりの解釈を交えつつ取り上げるのでお楽しみに。

スポンサーサイト
[ 2009-04-05 (Sun) 22:22 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
Theme:メイプルストーリーオンラインゲーム   Category:ネット
※スパム対策の為、一部ホストからの投稿を禁止しています。

管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://hamcru.blog96.fc2.com/tb.php/323-c50a5428
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。